マニフレックス三つ折りマットレス「メッシュウイング」レビュー&アウトレット商品を安く購入する方法

マニフレックス

こんにちは、田舎センセイです!

私は若い頃の肉体労働の経験と日ごろの長時間の座り仕事の影響で、定期的に腰痛を発症してしまうのが悩みでした。

特に朝寝て起きた時に腰の違和感を感じることが多かったので、今まで使っていた敷布団を腰痛軽減に効果のあるマットレスにしようと探していたところ、多くの人に「マニフレックス(magniflex)が良いよ!」と教えてもらい早速購入。

使ってみてしばらく経ちますが、これまで感じていた寝起き後の腰痛がほとんどなくなりました。

かなり睡眠の質が改善したので、私が購入したマニフレックスの「メッシュウイング」についての使用レビューをしていきたいと思います。


寝具って人生の中でこだわった方が良い商品のTOP3くらいに入るよね!

腰痛もちの私が実際に使ってみた感想と、マニフレックスの商品について調べたことをまとめるぞい!
記事の最後尾にマニフレックスのアウトレット商品を安く購入できる場所をご紹介していますので、是非最後まで読んでくださいね!

マニフレックスとはどんなメーカー?

f_logo
マニフレックスは、元プロの自転車ロードレーサーのジュリアーノ・マニ氏によって設立された、創業50年以上になるイタリアの老舗ブランドです。

現在では世界90カ国以上で使われているマットレスで、ヨーロッパでは病院のベッドに採用されていたりするほど世界的に信頼されたメーカーでもあります。

日本にもショールームがあるので寝具を探してたことがある人ならマニフレックスの名前は何度か耳にしたことがあるかもしれませんね。日本でも知名度は高いです。

社風としては「模倣・パクリ・やらせ・嘘のマーケティング」を許さないという創業以来徹底された経営哲学を持っていて、製品の製造から廃棄に至るまでのサイクルにおいて人体のみならず地球環境にも徹底して配慮した製品づくりをしている会社です。

そんな社風だからこそ、世界的に品質が信頼されているんでしょうね。

マニフレックスを愛用している有名人やアスリート

香川真司(サッカー選手)・岩隈久志(元メジャーリーガー)・青木宣親(元メジャーリーガー)

マニフレックスの三つ折り「メッシュウィング」は一番の人気商品

メッシュウィングの仕様と特徴


芯材エリオセル
側地ポリエステル 100%(エアーサーキュレーション・メッシュ)
ミッドブルー/ミッドグレー
サイズ(cm)セミシングル: W80 × D198 × H11
シングル: W97 × D198 × H11
シングルロング: W97 × D210 × H11
セミダブル: W117 × D198 × H11
ダブル: W137 × D198 × H11
クイーン: W157 × D198 × H11

三つ折りタイプのマットレスのメリット

メッシュウィングのような三つ折りタイプのマットレスは日本限定の商品となっているようですが、おそらく日本の住環境や畳の上に直に敷いて使うなどの用途が関係しているんでしょうね。

三つ折りタイプのメリット

  • 折りたたんだ時の収納性の高さ
  • 敷布団のように床に直接敷いて使える
  • 立てられるので陰干しなどの手入れが簡単
  • 折りたためばソファのように使える

三つ折りタイプのマットレスは、敷布団のように使える利便性敷布団にはない手入れのしやすさが特徴です。

敷布団のように畳の上に敷いて使えますし、折りたためば押し入れに収納することも可能です。

しかも、敷布団は自立しないのでベランダや物干しざおに掛けて定期的に干す必要がありますが、三つ折りマットレスなら自立するので1~2週間に1度程度、底にしていた面を陰干しすればいいので湿気によるカビやダニ対策は敷布団よりも簡単です。

メッシュウィングに使われている芯材「エリオセル」とは?

マニフレックス独自の「エリオセル」という芯材は、水だけで発泡する素材でできているので、製造過程や最終的な廃棄の際にも環境に悪影響を与えないというのが凄い所。

その素材の高反発性や寝心地ももちろんですが、プラスチックや金属のスプリングを一切使わず、徹底的に環境に配慮してるのも素晴らしいです。

保証期間がマットレスで最大15年と他社に比べても長期間であることも、素材への自信の表れだと思いますし、廃棄までのサイクルを長くできることで環境に与える影響も最小限に抑えられるんでしょう。

マニフレックス「メッシュウィング」の外観・重さ・硬さ(固さ)・使い方

マニフレックス メッシュウィングの外観・肌ざわり

マニフレックス
その名の通りメッシュ素材で触るとさらさらした肌触りで、シーツを被せないで寝転がってみると快適。

メッシュ素材ゆえの通気性と放湿性がこのべたつかない質感をもたらしているようで、ポリエステル100%なので自然素材派の人にはどうかわかりませんが、私は全く気にしないのでこのサラサラ感はとても気に入りました。

側地はジップオフになっていて取り外しができるので、中のマットを抜き取れば洗濯することもできます。

メッシュウイング(シングル)の重さ

シングルタイプの重さは7㎏ですので女性でも片手で持ち上げることが可能です。

スプリングを使ったマットレスの場合は大人の男性でも持ち上げるのに苦労しますが、メッシュウィングに使われている高反発フォームはとても軽いんですね。

陰干しなどをする際に持ち上げることがあるので、どなたでも苦なく持ち上げられる重さであるのは重要なポイントでしょう。

メッシュウィングの硬さ

マニフレックス
マニフレックスのマットレスにはかなりのバリエーションがあるのですが、メッシュウイングに関しては総じて「硬い」という口コミやレビューが多いようです。

私は元々硬めのマットレスが好きだったせいか、どちらかというと「思っていたよりは柔らかい/言うほど硬くない」という印象で、仰向けに寝ると腰部分の一番力のかかる場所は沈み込んでるのを感じます。

身体が浮くような固さではなく、腰などの負荷がかかる部分はしっかりと支えられているのがわかるので硬すぎると寝られないという人でも心配する必要はないでしょう。

硬めのマットレスは体の大きな人に向いていると言いますが、大相撲の力士も愛用しているとのことなので、体格が良くてマットレスがヘタりやすく腰痛になりやすかった人でも問題はないと思います。

当然ですがみんなそれぞれ体格や寝る姿勢が違い、寝具には合う・合わないがあると思いますので、もしお近くでマニフレックスの取り扱い店舗がある場合は試してみる方が良いかもしれません。

マニフレックス メッシュウィングの梱包状態

マニフレックス
マニフレックスを注文すると、ロール状に真空パックで圧縮された状態で届きます。

私が購入した厚さ11㎝のシングルサイズでこの大きさと厚さ。

マニフレックス
マニフレックス独自の圧縮製法で体積も僅か1/8になっているそうで、チャーシューをまとめる紐のように留められたテープをはがすと、ぷしゅ~~という音と共にマットレスが復元されました。

マニフレックス
あとはビニール包装を剥がせばすぐに使うことができます。

イタリアからこの真空状態で届くので、雑菌やほこりが入ることもなくすぐに清潔な状態で使うことができるんですね。

最初はぺちゃんこだったのに、ものの1分足らずで膨らむのも、このマットレスの高反発性がいかに優れているのかがよくわかります。

マニフレックスは種類が豊富なのがメリットでもありデメリットでもある

本記事では私が実際に使っていて一番の人気モデルである「メッシュウィング」を中心にご紹介していますが、マニフレックスには数多くのモデルがあり、これはメリットでもデメリットでもあります。

マニフレックスの商品ラインナップ
magniflex公式サイトより引用

この図を見ると分かる通り、メッシュウィングはマニフレックスの数あるモデルの中でも「やや硬め」に分類されていて、人気品種だからという理由だけで購入すると「体に合わない」なんてことが起きたりします。

バリエーションが豊富なので、それだけその人の体に合った商品を選べるだけの選択肢があるという事なのですが、正規取扱店が近くにない人にとっては「どれを選んだらいいかわからない」という迷いを生じさせる原因にもなりえます。

マットレスは安い買い物ではないので、慎重にならざるを得ず、もし体に合わなかったらどうしようと考える気持ちもわかります。

私は元々硬めのマットレスが好きだという事もあり一度も試さずに購入しましたが、自分に合っていたので結果オーライだったというわけですね。

ただメッシュウイングが人気商品でマニフレックスの商品のなかでも多くの人に使われているというのは、コスパが良いことも理由の一つにありますが万人受けしやすい寝心地であるというのは紛れもない事実だと思いますので、商品選びで迷った場合はおすすめのモデルのひとつです。

実際に使って感じたマニフレックスのおすすめポイント

マニフレックス「メッシュウィング」のおすすめポイント
  • 保証期間が長い
  • コスパがかなりいい
  • 三つ折り&軽量で使いやすい
  • 私の腰痛が改善した

個人的な意見ですが、寝具(特にマットレス)で腰痛になるのは、硬さが合わないというのもありますが、芯材やスプリングが長期使用によってヘタってしまい睡眠時の姿勢に影響を与えてしまうという原因でおきることが多い気がします。

10年間という業界最長の長期保証期間を設けているのは、それだけ芯材のヘタりにくさに自信を持っているという事の表れなのでしょうね。

私にマニフレックスをおすすめしてくれた方も「10年以上使ってるけどまだまだ現役で、購入時から使用感はほぼ変わらない」と言っていました。

長く安心して使えるというのは、安くない買い物をするうえで大切なポイントですよね。

マニフレックスのアウトレット商品を安く購入する方法

実は、マニフレックスは正規代理店のサイトで探せば未開封・未使用品、撮影品や展示品をアウトレット価格で購入することができます。

値段は未開封未使用品で正規品の1割引き、展示アウトレットだと2割引きくらいで手に入れることができます。


え!1~2割引きって凄いね!元が高額な商品だから割引額でいえば結構な金額になるんじゃない?

そうじゃな、価格で言うと3000~6000円は安く購入できるのぅ

品数に限りがありますが、マニフレックスの正規代理店で販売されているものなので、下記リンクから商品を見て気になるところを問い合わせれば「商品状態」や「展示期間」などの細かな部分を画像などで確認することもできます。

アウトレット商品でも良いから少しでも安く購入したい!という方は、下記のボタンからマニフレックスの商品をご覧ください!

アウトレット商品を安く購入したい方はこちら

最後に

私はせんべい布団で腰痛に悩まされながらも、「寝具は高価である」という理由でなかなか買い替えの決断ができずにいました。

そんな私を見かねた妻が「人間は1日6~8時間は寝てる。睡眠時間というのは人生のうちの1/3~1/4を占めるんだから、その時間を有意義に過ごせるように良いマットレス買いなさい」と背中を押してくれたんです。

本当にその通りで、体を休めて回復に努めるはずの時間で体を疲れさせていたら本末転倒ですし、人生の1/3~1/4の時間を快適に過ごすために良いマットレスを買うというのはものすごく優先順位の高いことなんだなと思えるようになりました。

そんな時に選ぶマットレスが、長く安心して使える高品質な物だったらお金を払う価値は十分ありますよね!

私はマニフレックスのメッシュウィングを選んで腰痛も改善しましたし、コスパもかなり良くて本当に買って良かったです。

現在、マットレスの買い替えや購入を検討している方は、是非マニフレックスを一度調べてみてくださいね!