ハクビシン駆除の料金相場とおすすめの駆除業者ランキング

見積もり

家の屋根裏や倉庫に棲み付いてしまったハクビシンを駆除するには、専門の業者に依頼するのが一番ですが、一体どのくらいのお金がかかるのか気になりますよね?

駆除業者と言っても様々で、料金設定も業者によって違うため、自分の見つけた業者が相場より高い値段なのか安い値段なのか分かりにくいのがまた面倒くさい!

他にも、

  • 駆除実績
  • 業者の人がいい人かどうか
  • 追加料金が発生するのか
  • 見積もりは有料か無料か
  • 自宅は対応エリア内なのか

など、色々と気になる点があると思います。

今回は、ハクビシン駆除にかかる料金相場と、上記の項目などについていくつかの優良害獣駆除専門業者の特徴を比較・解説します。


相場が分かると業者選びの参考になるね!

初期費用を安く見積もって、追加料金で不足分を回収しようとするような悪徳業者もいるから、相場から明らかにかけ離れた金額を提示してくる業者は要注意じゃよ!

ハクビシン退治にかかる料金相場

料金設定

ハクビシン駆除業者を選ぶ前に、駆除にかかる料金相場を知っておくことが大切です。

料金相場を知っていると、高額な見積金額を提示されたときに気づけるだけでなく、異常なほど安い金額設定をしている悪徳業者を見分けることもできます。

害獣駆除には必ず発生する不可欠な工程があり、異常なほどにまで安い金額を設定している業者は怪しんでみた方が失敗がないと言えるでしょう。

一般的な料金相場は下記の表の通りです。

作業内容料金相場
侵入口遮断工事¥700~900 (1㎡)
追い出し工事¥400~800(1㎡)
害獣捕獲申請代行¥10,000~50,000
捕獲ゲージ設置・管理(1か所)¥15,000~30,000
害獣の回収処理(1匹)¥20,000~30,000
糞・巣の回収¥12,000~25,000
糞尿による天井腐れ防止¥2,500 (1㎡)
ノミ・ダニ殺虫駆除¥400~800(1㎡)
殺菌消毒・消臭¥500~1,000(1㎡)

各朝業内容によっては相場に幅があるのはどうして?

業者によっては会社からの距離で価格を高く設定することもあったり、作業の複雑さ、被害の範囲など状況によって金額が変わることがあるからじゃよ

上記の表では、上5つの作業内容(白背景)は「害獣を駆除するまでの1次工程」で、下4つ(灰色背景)は「駆除後の後処理となる2次工程」となっています。

料金相場に影響する6つのポイント

見積もり

実際に見積もりを出す時に、金額が変わってくるのは下記のようなポイントです。

  1. 作業範囲の広さ(糞尿による汚染範囲など)
  2. 作業のしにくさ(侵入口が高所である)
  3. 侵入口の数
  4. 業者所在地からの距離
  5. 捕獲の有無(追い出しのみ/侵入防止/捕獲殺処分)
  6. 捕獲する害獣の種類

1.作業範囲の広さ

ハクビシンによる被害が広範囲にわたる場合や、敷地面積が広いお宅などでは、駆除にかかる金額も高くなる傾向にあります。

追い出すための燻煙剤などの使用範囲も広くなる分、使用する薬剤の量も多くなる為で、多くの業者が見積もり時の判断基準として面積(㎡)をベースに計算しています。

2.作業のしにくさ

ハクビシンがねぐらにしている場所は、多くの場合が「屋根裏」などの高所になります。そのため、侵入口も高いところにあることが多く、作業が高所になったり、危険が伴うような場所だと金額が高くなる傾向にあります。

3.侵入口の数

侵入口が多いと、その分塞がなければならない場所が増えるので、侵入口が広範囲にわたる場合や、数多くある場合には金額が高くなる傾向にあります。

4.業者所在地からの距離

ハクビシンの駆除を日本全国広範囲にわたって対応している駆除業者さんも多いのですが、その多くは事業所を都市部に構えていて、遠方での作業の時に見積金額が高くなることが多いです。

「害獣駆除申請代行」や「捕獲ゲージ設置・管理」で、都内23区内であれば1万円程度関東エリアで3万円程度、それよりも遠方になると5万円~応相談、等のように設定している業者もあります。

5.捕獲の有無

ハクビシン駆除の作業の中で、見積もり金額に大きく影響するのが「害獣捕獲申請代行」「罠の設置」「捕獲後の処理」の3つです。

ハクビシンの捕獲に関しては「害獣駆除を無許可で行った場合の罰則とは?」の記事で詳しくご紹介しましたが、有害鳥獣の捕獲には都道府県の許可が必要です。

許可の下捕獲を行う「許可捕獲」には、有害鳥獣捕獲の申請をしなくてはならず、駆除業者の見積もりの中でこの捕獲申請の代行が高額になることが多いです。

また、捕獲をするとなると「罠の設置」がをすることが多いのですが、ゲージ設置・管理費も見積もりに占める額が大きい作業です。

捕獲をしたらその後の処理が必要になるため、捕獲後の処理費用も自動的に加算されます。捕獲をすると決めた場合は「申請代行、罠の設置、捕獲後の処理」がセットとなることが多いので、自動的に見積もりが高額になりやすいです。

捕獲が可能な業者というのは、狩猟免許を持ったスタッフがおり優良業者であることが多いのですが、捕獲だけではなく「追い出し」や「再侵入防止」の作業のみの依頼も可能である業者であれば、見積金額は抑えることが出来るかもしれません。

6.捕獲害獣の種類

ハクビシンを捕獲しようとして罠を仕掛けてみると、実はアライグマだった!なんてこともあります。

その場合は、アライグマは「特定外来生物」に認定されているため、「生きたままの移送は禁止」されているので、その場での殺処分が必要になりハクビシンよりも捕獲後の処理費用が高額になることがあります。

ハクビシンの処理は、アライグマよりもやや安価であることが多いです。

おすすめのハクビシン駆除業者TOP3

AAAホームサービス

AAAホームズ

【おすすめポイント】

  • 業界最長10年間の長期保証
  • ハクビシン以外の害獣・害虫にも対応
  • 「捕獲」及び「追い出し」が選択でき、いずれも有資格者が対応
  • 現在まで再発したケースはゼロという実績
  • 社名ペイントのない車両で秘密厳守で作業
  • 全国36都府県の広いエリアに対応
  • 見積もりは無料

10年間の保証ってよっぽど自信があるんだね!

この業者は完全駆除をずっと実践してきて、これまでに一度も再発したことがないという実績があるんじゃよ!

実績もさることながら、追い出しと再侵入防止をメインにし、特別依頼が無ければ積極的に殺処分をしないスタンスを取っていて、殺処分をした場合は提携のお寺にて火葬及び供養を行っています。


害獣と言えど一つの命を大切に仕事をしている姿勢が信頼できるね!

>>>AAA(トリプルエー)ホームサービス公式ページへ

NEO(ネオ)

NEO

【おすすめポイント】

  • 駆除後の保証は最長2年間
  • お寺や寺院など大きく複雑な作りの建物の実績多数
  • 社団法人「日本ペストコントロール協会」の会員
  • WEBサイトにて料金相場を公開している
  • 見積もりは無料

大型建造物の駆除もできるという業者は珍しいね!

優良駆除業者が登録できる「日本ペストコントロール協会」の会員であるところもポイントじゃな!

ハクビシンの駆除実績多数のNEO(ネオ)ですが、施工可能エリアが関東のみ(東京23区、千葉、埼玉、茨城、神奈川)となっているので、エリア外の方は一度お問い合わせしていただくと安心でしょう。

>>>NEO(ネオ)の公式ページへ

ムシプロテック

ムシプロテック

【おすすめポイント】

  • 日本全国に拠点が1000以上あり、日本全国駆除対応が可能
  • 見積もりは無料
  • 見積もり後のキャンセルも無料
  • 年間3000件以上の駆除実績

日本全国どこでも駆除可能っていうのは他には無さそうだね

ハクビシン以外の害獣、害虫の駆除実績も豊富にある業者じゃよ

>>>ムシプロテックの公式ページへ

まとめ

今回はハクビシン退治にかかる料金相場と、見積金額に影響を及ぼすポイント、そしておすすめのハクビシン駆除専門業者TOP3についてご紹介いたしました。

ハクビシン駆除にかかる料金相場は、家の広さや棲み付いたハクビシンの頭数、家の広さによって変わりますが、捕獲をする場合は10万円前後かかる可能性が高いです。

しかし、捕獲をせずに追い出し・再侵入防止のみを行う場合や、業者の所在地からの距離などによっては、上記でご紹介した3社でも最終見積額に差が出ることもありますので、必ず2~3社での相見積もりを行うようにしましょう!