布団のダニは掃除機や布団クリーナーで吸い取れる?【掃除機のダニ駆除の効果】

掃除機

近年、ダニを吸い取れるとうたうサイクロン式掃除機や、UV照射でダニを殺して吸い取るという布団クリーナーなど様々な生活家電が登場しています。

梅雨のシーズンがあり、高温多湿な環境でダニの対策を取りながら生きてきた私たち日本人にとって、「ダニ対策」と言えば「掃除機を丁寧にかける」と考える人がとても多いです。

しかし、実は「ダニの駆除方法として掃除機は不十分」なんです!


えっ!?だって有名なダ〇ソンとかレイ〇ップとか、最新のサイクロン掃除機とかダニ専用布団クリーナーが大手量販店の家電コーナーにびっしり並んでたよ!?

今回は、実際に研究機関が行った研究結果と合わせて、なぜ掃除機や布団クリーナーではダニの駆除効果が不十分なのかを解説するぞい!

ダニの駆除にお悩みの方はこちらの記事もあわせてご覧ください

>>> ダニ退治の方法に悩んでる人に伝えたい10の事

布団のダニの駆除が掃除機や布団クリーナーでは不十分な理由とは?

布団

1.ダニは布団の表面よりも内部に多い

ダニは暗いところを好む習性があり、普段は最も暗い布団の中心部に潜っています。そのため表面に比べ、布団の内部には1000倍以上のダニがいると言われています。

サイクロン式掃除機ハンディタイプ布団クリーナー紙パック式掃除機の3種類において、布団の表面と内部のダニの除去率を調べた研究結果(※日革研究所調べ)によると、それぞれのタイプの掃除機でのダニの除去率は下記の表のとおりです。

掃除機の種類 布団表面 布団内部
サイクロン式掃除機 約77% 0.06%
ハンディタイプクリーナー 約41% 0.04%
紙パック式掃除機 約61% 0.01%

※引用:日革研究所


表面部分は半分くらいは吸い取れてるけど、内部はほとんど吸い取れていない

うむ。この日革研究所の検証動画がYouTubeで紹介されておるぞい

2.生きたダニはカギ爪や吸盤があるため繊維にしがみつく

ダニ かぎづめ

ダニの足先はカギ爪のようになっており、布団内部の繊維に引っかかってしまうので簡単には吸い取れません

特に内部に潜んでいる生きたダニは、ちょっとやそっとの吸引力じゃ剥がされないので、どうしても残ってしまいます。

ダニの死骸や糞は吸い取ることができても、生きたダニを掃除機で吸い取るのは難しいでしょう。

ダニにUV(紫外線)照射は効果がない

布団

近年見かける事の多くなったレイコップをはじめとする、UV照射によって殺菌・除菌を行いながら吸引する布団専用掃除機のダニ駆除効果は賛否が分かれています。

紫外線の照射が除菌や殺菌に効果的なのは事実なのですが、ダニを死滅させる力があるかと言えば答えはNOです。

ハウスダスト研究所の微生物学者であり、ダイソンのエンジニアであるToby Saville氏によると、

「例えばUVランプを使ってダニを死滅させようとしたら1つのスポットに対して約60秒ライトを当て続けなければなりません。また、ライトが照射するのはマットレス表面のみで、奥に潜んだダニには全く効果がありません。振動でダニやゴミを浮かせて取るという製品がありますが、ダニには脚があり、繊維にしがみついています。少し振動したくらいでは、表面に出てきません。また、これらの製品は振動やランプという付加価値機能にフォーカスしているあまり、掃除機の本来の性能である“吸引力”が不十分です」(Toby Saville氏) UVランプでダニを死滅させるには1スポット60秒の照射が必要

と、明らかにレイコップについて話していると思われる発言があります。

UVそのものに効果が無いわけではなく、狭い範囲に長時間照射をし続けなくては効果が無く、マットレスなどの場合は奥にまでUVライトが届かないという事が問題であることが分かりますね。

こまめな掃除機がけはアレルゲンの除去には効果あり

掃除機がけ

布団の内部にいる生きたダニには掃除機がけがあまり効果的でないことが分かりましたが、掃除機がけが全く効果がないかと言えばそうではありません。

こちらの「ダニの種類と特徴を徹底解説|家に出る注意すべきダニ」の記事で詳しくご紹介していますが、家の中にいる「屋内ダニ」にはいくつか種類があり、そのうちの8~9割を占めるのが「チリダニ科」のダニです。

このチリダニ科のダニは刺さないのですが、糞や死骸がアレルギーの原因となり、特に小さな子供ほどその影響を受けやすいので注意が必要なのです。

布団やマットレスをこまめに掃除機がけすることは、ダニの死骸や糞を吸引する点で言うと効果的なので、アレルゲンを減らす方法として効果的です。

もちろん、布団の奥に潜んでいるダニはどんどん増え続けるので、しっかりと駆除をして死骸を掃除機で吸い取るというサイクルにする必要があります。

ダニを駆除するには「熱」か「乾燥」しかない

コインランドリー

ダニを簡単に駆除する方法は中々ありませんが、確実に死滅させる方法は下記の3つが挙げられます。

  1. 熱湯の中に付けて煮沸消毒
  2. コインランドリーの高温乾燥機
  3. 極度に乾燥させる

ダニを駆除したいものが、ぬいぐるみや赤ちゃん用の枕などの場合は、熱湯につけることで熱に弱いダニはすべて死にます

また、毛布や掛布団程度のものであれば、コインランドリーの業務用高温乾燥機を使う事で中のダニはすべて死滅します。

前述した通り、死滅させても内部に死骸や糞が残っているので、最後に洗濯をして流すか掃除機で死骸を吸い取るなどを行えば完璧です。

しかし、煮沸消毒できない大きなものや、コインランドリーの乾燥機に入れられない固いものなどは①と②の方法を取ることができません。

高温でダニ駆除機能の付いた布団乾燥機もありますが、ベッドやソファーなどはどうしても利用することができないので、サイズによっては熱処理での駆除は難しいでしょう。

ダニの駆除方法として「洗濯機で洗濯すること」を有効だと考えている人も多いのですが、洗濯の有効性についてはこちらの「布団や毛布のダニは洗濯をすれば死ぬ?【洗濯機でのダニ退治の効果】」で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

ソファーやベッドのダニ退治は、乾燥させてダニを死滅させる方法がおすすめ

ソファ

マットレスやベッド、カーペットやソファーなどの場合は、大きすぎるのでランドリーの乾燥機も使えず、スチームアイロンなどを使っても厚みのあるソファーやマットレスの内部までは熱が届かずダニを死滅させることができません。

そんな時は、こちらの【ダニ捕りロボ】が最も確実で効果的でオススメです。

一般的なダニ取りシートとは違い、体の8割が水分で乾燥に弱いダニを捕獲して乾燥させて死滅させます。

ソファーやベッドなどの厚みのあるものに関しては熱処理の効果が薄いので、このダニ捕りロボが最も効果的と言えるでしょう。

ベッドやソファー、カーペットなど大型の寝具などのダニにお悩みの方は、公式ホームページを見てみると良いでしょう。

【ダニ捕りロボ】の公式ホームページはこちら

また、こちらの記事では「ダニ捕りロボ」と「ダニピタ君」の比較とダニシートの選び方の注意点について解説していますのであわせてご覧ください。

まとめ

多くの方がダニの駆除方法として効果的だと思ている掃除機がけは、布団内部の生きたダニにはほとんど効果が無いことをご説明いたしました。

また、UV照射によるダニの駆除効果をうたった家電製品は、除菌には効果があってもダニを死滅させるほどの効果が無いという専門家の意見をご紹介しました。

アレルゲンとなるダニの死骸や糞の除去を行う目的での利用であれば、UV照射機能よりも強い吸引力を持った掃除機を購入した方がまだ効果的であるでしょう。

ソファーやベッドなどのダニ駆除を行いにくい大型の寝具は、記事内でご紹介したダニ捕りロボが最もおすすめの方法ですので、是非公式サイトをご覧になってみてください。

最後に、寝ている間に体を刺されたなどの刺咬被害がダニによるものかどうかイマイチ確信が持てないでいる方は、こちらの「ダニに刺された時の症状の見分け方|家の中の虫刺され【皮膚の画像あり】」の記事もあわせてご覧になることをおすすめいたします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハクビシンによる農作物被害の特徴と見分け方

罠

害獣駆除を無許可で行った場合の罰則とは?

コンクリの壁 ひび割れ

赤い小さい虫「タカラダニ」の生態と駆除方法まとめ

除菌スプレー

ねずみのフン(糞)を見つけた時の対処法|消毒する時の注意点

ねずみ

天井裏でネズミの音?家に出るネズミの種類と被害について徹底解説!

コウモリ

家に棲み付くコウモリの生態|種類・寿命・ふん(糞)の形・病気や危険性