田舎で婚活するのが難しい理由|不利な地方在住者におすすめの婚活サイト「田舎婚」

婚活

こんにちは!田舎センセイです!

私は宮城県栗原市の移住定住コンシェルジュとして行政から委嘱されているのですが、田舎での移住者増に関する問題のひとつに「田舎での婚活の難しさ」があります。

特に私の住む栗原市のような地方だと都会に比べて特に男性の未婚率が高く、結婚したくても上手くいかない要素が満載なんですね。

この問題は田舎ではどこも似ていて、地方在住の独身者の婚活が上手くいかない理由が沢山あります。

そこで本記事では、なぜ田舎だと婚活が上手くいかないのかについてまとめつつ、記事の後半ではおすすめの婚活サービスをご紹介します。


僕もそうなんだけど、田舎ってとにかくプライバシーがナイヨネ!

後半で良いサービスを紹介するから、まずは田舎特有の婚活の難しさについて見てみよう!

田舎特有の婚活の難しさ

農家の男性

1.未婚の若者が少ない

私自身田舎に住んでいるので実感するのですが、そもそも田舎は結婚適齢期の未婚の若者が少ないです。

田舎なので当然なのですが、田舎は都会に比べて初婚年齢が低いのと、適齢期の若者は就職などで都会に出て行くことが多いためです。

自分の住んでいる地方の配偶関係などのデータを行政のホームページなどで閲覧すると、実際に自分の結婚対象となる年代の未婚の異性がどのくらいいるのかがわかるのでおすすめです。

2.出会いの場所(婚活イベント・結婚相談所の数)が少ない

私が東京に住んでいたころは「街コン」や「お見合いパーティー」など出会いの場を沢山目にしてきましたが、田舎ではそういった婚活イベントをごくたまにしか見かけません。(※当然”田舎”の程度にもよります)

田舎には趣味のサークル等の所謂”婚活パーティーではない交流会・食事会”などのイベント自体も少ないです。

自分の婚活を応援してくれる友人などの紹介などがあればいいのですが、その友人たちも所帯を持っていく年齢になると、いよいよ出会いの場のセッティングも行政や企業に頼ることになります。


若い頃は友達の紹介とかで出会いがあるけど、30代半ばくらいを過ぎるとそういうのも減ってくるよね!

自分の人脈以外で出会いを求めた時に、田舎は手助けしてくれる人の数が圧倒的に少ないんじゃよ

私の住む自治体は行政の移住定住戦略の1つとして婚活イベントに力を入れているのですが、それでも多くて年に3~4回開催されている程度です。

行政以外でNPOや企業が婚活イベントを開催している場合もありますが、定員割れで開催中止になったりするなど十分な参加者を確保できないことも多いと聞きます。

3.婚活パーティーに参加しても同じメンツが揃ってしまう

運よく婚活パーティーが開催されているような地域にお住まいでも、実際に参加してみるとまた新たな問題が発生します。

田舎ゆえの問題とも言えますが、同じ地域で婚活をしていると婚活パーティーに参加するメンバーが固定されてくるんですね。婚活をされている方は必死ですから、婚活イベントのバッティングも頻繁に起きます。

新たな出会いを求めて婚活イベントに参加しても、参加者の大半が既に顔見知りという事も少なくありません。

住んでいる地域よりも人口の多い都市部に行くことができる方や、隣県など別自治体が主催する婚活パーティーなどに参加できる方は良いですが、そうでない方は新たな異性に出合う事すら難しくなってしまうんですね。

4.知り合い・家族・同僚などに婚活しているのがバレる

婚活をしていること自体は何も悪いことではありませんが、自分が婚活していることを周囲の人には知られたくない人も多いですよね。

婚活パーティーに参加したら知り合いがいたり、ちょっとしたところから情報が漏れてしまう事も良くあります。

田舎特有の世間の狭さだったり、婚活にネガティブなイメージを持っている方も少なくないので、二の足を踏んでしまう人も少なくないようです。

「〇〇さん家の長男はまだ独身」というような噂話は、狭い田舎では普通に共有されていたりするので、誰にも知られず婚活をしたい人にとって田舎での婚活はハードルがかなり高いです。

5.田舎での生活を敬遠されてしまう(土地柄のデメリット)

田舎で婚活されている方の中には、様々な理由で地元を離れられない方、一次産業に従事していて多忙により他県まで行けない方など「変えがたい状況」をお持ちの方が少なくありません。

家業を継いだり、親の介護で地元に戻ってきた方など色々な理由や境遇があります。

これは男性に限った話ではないので言葉としては適切ではありませんが、「わざわざ田舎に嫁いできてくれる人がそもそも少ない」んですよね。

これは私の住む自治体での話ですが、市の移住課で働いている方に聞くと「ここ数年で見ても農家に嫁いできた人は記憶にない」とのことでしたので、ここのように農業が主幹産業である地域はおそらく似たような状況だと思われます。

通常のネット婚活で、マッチングサイトやネット婚活アプリなどを使っても、土地柄で敬遠されてしまう事も少なくありません。

こういったアプリやサイトの登録者は、最初から遠距離恋愛を目的にするような人でなければ、自分がその人に会いに行ける距離で相手を探すと思いますし、田舎に住んでいるという時点でマイナスからのスタートになります。

「田舎が好きで、できれば田舎に嫁ぎたい!」という人もいるとは思いますが、なかなか通常のネット婚活ではそういう人に出合うのも難しいんですね。

6.収入が少ない

これも市の移住課の方に聞いた話ですが、市の婚活イベントに参加された男性の悩みとして「収入が少ない」という声がよく上がるそうです。

都会に比べると地方の給与は少なくても致し方ない所はありますが、婚活をするうえで低収入というのはやはり悩みの種です。

婚活パーティーに参加する費用も男性の方が高額に設定されていることも多いですし、結婚相談所への登録料も高額。プロフィールに書かれた年収の高い人からカップルになっていくなどは当然と言えば当然です。

もし成婚したとしても成婚退会料として高額の支払いを要求されることもあるので、結婚相談所への登録すら予算的に不可能という事もあります。

収入の過多は結婚を決めるうえでの大事なポイントになりますが、婚活を継続することにもお金はかかりますので、都会に比べて低所得者の多い田舎での婚活が難しい理由の一つと言えるでしょう。

田舎での婚活を難しくする原因まとめ

・田舎には結婚適齢期の異性(特に女性)が少ない
・出会いの場が少なく、婚活イベントがあったとしてもメンバーが固定されやすい
・婚活をしていることが周囲にバレやすい
・一次産業従事者が多く、嫁いできてもらうハードルが高い
・婚活の継続や成婚に至るために必要な収入が無い人が多い

こうやって見てみると「出会いの場」「相手になりうる異性の数」「プライバシー」「田舎という土地柄のデメリット」「婚活にかかる費用」などが主なポイントで、いずれも田舎だからこそ婚活をしにくくしている要因でもありますね。

この悩みを持つ方で、もし地元を離れて都会や人口の多い地方都市に行くことができる人は、地元を離れればいいだけですのでそんなに問題ではないでしょう。

一番の問題は、田舎で暮らさざるを得ない状況の方で、物理的に自分の環境を変えることが難しい方です。

例えば、家業の農家を継いでいて離れられないとか、すでに仕事があり家も建てていて生活の基盤がその土地にある場合、人口の多い都市部まで車でも遠い場合などが考えられます。

こういう方々が田舎在住(地方在住)という条件を「メリット」にして婚活ができないものでしょうか?

都会暮らしの女性と田舎暮らしの男性の婚活サービス「田舎婚」がおすすめ



実は田舎に住んでいることをメリットにしながら婚活を安価に始めることができる「田舎婚」というサービスがあるんです!

この「田舎婚」は、地方(田舎)に住む男性と都市部(都会)から地方に移住したい女性をつなぐ専門の婚活サービスです。

都会の喧騒を離れて田舎で暮らしたいと考えている女性が、田舎で農業や漁業などの一次産業で暮らしている男性との出会いをサポートしてくれるんですね。

不利な地方・田舎在住者におすすめな理由

田舎婚のメリット
  • 田舎や地方に興味のある女性が多く登録している
  • 登録初期費用は0円お見合いを希望するまで完全無料
  • 成婚退会料金も無料それどころか成婚すれば祝い金5万円贈呈
  • 登録からお見合い日程調整までスマホで完結!来店不要!
  • 出会い系サービスと違い、お見合い希望者など限られた人だけが情報を閲覧できるので、友人、家族、同僚に知られることなく婚活が可能!
  • 地方と都会の遠距離交際が前提のサービスなので、居住地がデメリットになり難い

具体的な内容は下のボタンから公式ページに移動してご覧いただければと思うのですが、今まで田舎で婚活を長く続けていてなかなか出会いが無かった方にはおすすめのサービスです。

田舎婚の公式サイトはこちら

まず、サイト登録後にお見合いしたいと思う気になる人ができるまで無料で使えて、自分のプロフィールはお見合い希望者など一部の人しか見られないようになっているので知人や家族に知られることはまずありません。

「ネットで婚活」という事に対して抵抗のある人でも、始めるだけなら完全無料なのでハードルがぐっと下がりますよね!

そして何よりこの婚活サービスのコンセプトが「田舎などの地方在住の男性と都会に住む女性のマッチング」なので、田舎であることがデメリットにならず、そもそも遠距離が前提なのであなたの居住地がデメリットにならないというのが大きいです。

それどころか、登録者は「田舎に住んでいる男性」を探しているので、田舎に住んでいるのはメリットなんです。

スマホで行えるマッチングサービスは数多くありますが、単純に交際相手となる異性を見つけるサービスではなく、結婚を前提にした真剣な交際・お見合いをサポートすることを基本にしているので、ちゃんとお見合いから交際に発展しやすいというのもメリットです。

数字で見る「田舎婚」の凄さ

  • 会員登録数2万人以上の日本最大級の専門婚活グループが運営
  • お見合い後の成婚率(カップル成立率)は60%以上で業界最高水準
  • 交際相手を見つける前に個人退会した会員は全体の僅か4.7%
  • 男女ともに60%以上の会員様が大学・短大卒業の高学歴
  • 初めてのお見合いから交際開始までの平均期間は3ヶ月間

田舎婚は日本最大の専門婚活グループが運営母体なので安心感があります。

お見合い後のカップル成立率も62%と高く、交際相手を見つける前に個人退会する人も5%弱しかいません。これはこのサービスで価値観の合う人同士がしっかりマッチングされてお見合いまで進めていることが分かりますね!

お見合いしてから約3ヶ月で交際まで発展するのはとてもスムーズで、忙しくて婚活に割く時間がなかなか取れない方でも利用しやすいです。


成婚率60%以上は凄いね!

田舎で出会いがなくて悩んでいる方は、お見合いするまで無料だし、とりあえず始めてみてもいいかもしれんのう!

まとめ

こうやって田舎での婚活のデメリットを考えてみると、自分が住んでいる土地柄のデメリットのせいで「出会いの場の少なさ」「異性の数」「婚活に関するプライバシー」などの問題が出てくるのがわかりました。

数あるネット婚活でも、田舎在住の方に特化したサービスはこれまでほとんどなかったので、この田舎婚サービスを使えば自分のプライバシーを守りながら婚活ができる人が増えると思います。

基本使用料は無料なので、今の現状を変えたい、何か変化を起こしたいと思っている人は是非登録してみてくださいね!

田舎婚に無料登録して始めてみよう!