除雪機のタイプ別(エンジン・電動・ハイブリッド)徹底比較!

エンジン

巷では様々なメーカーから数多くの除雪機が販売されていますが、種類が多すぎてどのような基準で選んだらよいのか迷いますよね!

商品によっては、車を買うのと変わらない値段のものもあり、「高いお金を払って失敗したくない!」という気持ちもあって、なかなか決められないという事もあるでしょう。

今回は「除雪機の動力タイプ別のメリット・デメリット」などを比較して、わかりやすくご説明します。

どの動力タイプの除雪機があなたにとってピッタリなのかを知ることで、購入すべき除雪機の候補を絞る手助けになればと思います。


動力別で大きいのは値段の違いだよね!なんであんなに違うんだろう

ぞれぞれの動力によってメリット・デメリットが大きく違うんじゃ!これから説明するぞい

除雪機の動力別のタイプ分け

除雪機

除雪機は動力別で分けると下記の4タイプに分けることが出来ます。

  1. 「エンジン式(ガソリン)」
  2. 「エンジン式(ディーゼル)」
  3. 「電動(コンセント/充電式)」
  4. 「ハイブリッド式」

1.エンジン式(ガソリン)

小型除雪機に多いのがこの「ガソリン」を燃料としたエンジン式のタイプです。

パワーではディーゼルに劣るものの、「操作性の良さ」「騒音の小ささ」「本体価格が安め」である点が特徴でしょう。

一方で、「メンテナンスが必須で燃費があまり良くない」のがデメリットと言えるでしょう。

除雪機による事故の多くがメンテナンスの不備や誤った使用方法によるものが多いという点からも、定期的なメンテナンスの重要性はご理解いただけると思います。

除雪機の種類によりますが、圧雪や豪雪、屋根から落ちた氷まじりの雪などにはあまり向かず、50cm程度の新雪であれば問題なく使用できるでしょう。

メリット デメリット
  • 本体価格は(ディーゼルに比べると)安め
  • 騒音は(ディーゼルに比べると)静か
  • 操作性は(ディーゼルに比べると)簡単
  • 燃費が悪い
  • メンテナンスが定期的に必要
  • 維持費がかかる
  • 保管場所が必要
  • パワーは(ディーゼルに比べると)劣る

 


同じエンジン式でも「ディーゼル燃料」との違いがしっかりあるんだね!

ガソリンのエンジン式除雪機は、一番ポピュラーなタイプだと考えてもらえると良いじゃろう

2.エンジン式(ディーゼル)

ディーゼルのエンジン式除雪機は、ガソリン式に比べて「パワーがある」反面、「重量が重い」「騒音が大きい」「本体価格が高価」などの特徴があります。

メンテナンスや維持費、保管場所が必要なのはエンジン式の共通の特徴ですが、ディーゼルの除雪機はガソリンの除雪機に比べてより大きく重いものが多いので、住宅街の一般家庭向きではないといえるでしょう。

ガソリン燃料のものは新雪が主な除雪可能範囲でしたが、ディーゼル燃料のものはパワーもあるため根雪や氷まじりの硬い雪も除雪可能なものが多いです。

メリット デメリット
  • 根雪、硬い雪も除雪可能
  • 燃費は(ガソリンに比べると)安め
  • メンテナンスは(ガソリンに比べると)楽
  • 維持費がかかる
  • 保管場所が必要
  • 本体価格は(ガソリンに比べると)高め
  • 騒音は(ガソリンに比べると)大きい
  • 操作性は(ガソリンに比べると)扱いにくい

3.電動(コンセント・充電式)

電動式除雪機のメリットと言えば何と言っても「メンテナンス・維持費が(基本的に)不要」という点でしょう。

僅かな電気代で動くので、燃料が必要なエンジン式に比べランニングコストが安く、本体価格も安価なものが多いです。

エンジン部分が無いので騒音も小さく、住宅街でも使用しやすいことから家庭用の除雪機としておすすめなのがこの電動式除雪機です。

【関連記事】

 

ボディーがコンパクトなものが多いので、そこまで大きな収納スペースを取らずに済むのも家庭用除雪機としては嬉しい点でしょう。

一方で、デメリットは「パワーが無いこと」とコンセント式の場合は「可動域に限界があること」です。

電動式除雪機の除雪可能範囲は、新雪で30cm程度の高さのものであれば可能ですが、圧雪や水分の多いベタ雪では除雪能力が不十分に感じてしまうでしょう。

雪の少ない地域での利用であれば全く問題ないですが、豪雪地帯ではやや物足りないかもしれません。

メリット デメリット
  • メンテナンス、維持費が基本的に不要
  • 僅かな電気代で動くので燃費が良い
  • 騒音は静か
  • 軽いものが多く扱いやすい
  • 本体価格も安いものが多い
  • パワーが無い
  • コンセントが届く範囲に限られる
  • 充電に時間がかかる

 


一般家庭用の除雪機としては、電動式が良いかもしれないね!

うむ。ただしパワー不足の問題は、住んでいる地域にとっては致命的になるから要注意じゃよ

4.ハイブリッド式

最後にバイクで有名なメーカー「ホンダ」から出ている除雪機に「ハイブリッド式」のタイプがあります。

ハイブリッド式除雪機の特徴は、「モーター+エンジン」の2つの動力で動くという点です。

例えば、「走行」に関する動力はモーターを使い、「除雪」に関する動力はエンジンを使うというように使い分けることが出来るため、パワーが必要な除雪作業にエンジンをフル活用でき、従来のエンジン式除雪機よりもパワーと燃費が良くなります。

また、室内を移動するときやガス欠など緊急時に、エンジンを使わずモーターのみの走行が可能であるのもメリットでしょう。

デメリットは何と言っても「価格が高いこと」です。

別記事でご紹介した「除雪機を安くお得に購入する方法」などを使えば、少しはお安く手に入れることが出来るかもしれません。

その分、除雪力は文句のつけようがないほど高いです。

メリット デメリット
  • 最もパワーがある
  • 燃料切れでもモーターで走行可能
  • 操作が容易
  • 高価である
  • メンテナンスが定期的に必要
  • 維持費がかかる
  • 保管場所が必要

動力別の比較表まとめ

ガソリン ディーゼル 電動 ハイブリッド
メンテナンス 必要 必要 不要 必要
維持費 必要 必要 不要 必要
燃費
本体価格 ×××
騒音
操作性
パワー ×××
保管場所
新雪
圧雪 ×
氷まじり × ×

※上記の比較は、メーカーの商品によっても違うので、あくまで各動力別の特徴ととらえてください。


すごくざっくり比較するとこんな感じかぁ

実際は、メーカー商品によって違いも大きいんじゃが、ひとまずこんな所じゃろう

主な動力別の比較は上記の表のようになります。

エンジン式(ガソリン&ディーゼル)のポイントは、やはり定期的なメンテナンスが必要であることと点検費・維持費がかかることでしょう。

前述したように、メンテナンスは事故の可能性を下げるという面で欠かせませんが、もしお使いの除雪機を新しく買い替えるときに、高く買い取ってもらいたい場合にも、しっかりとメンテナンスをしておくことで買取価格が高くなることも考えられます。

中古農機具買取専門業者の中には、除雪機なども買い取ってくれる業者があるので、日ごろのメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

除雪機を選ぶポイントは、「お住まいの地方の降雪量と雪質に見合った除雪ができるかどうか」になりますが、上記のように4タイプの特徴を押さえておくことで、さらに絞り込みができるでしょう。

ぜひ除雪機選びの際の参考にしてみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんぼろトラクター

故障した農機具も高値買取の可能性大!中古農機具が人気の理由

ラウンドアップってどんな除草剤?効果・使い方・安全性を徹底解説

長靴

冬の農作業や雪かきに大活躍!おすすめの防寒長靴4選

群馬県の農機具買取り情報とおすすめの業者を紹介!

ハイガー産業

ハイガーの除雪機を徹底調査!価格・品質・サポート体制まとめ

トラクター買取

農機具の「下取り」と「買取り」で査定額が高いのはどっち!?