ネズミは超音波で撃退できる?音響の専門家の見解を解説します

超音波

自宅でネズミの騒音や食品をかじられた跡を発見してネズミの存在に気が付いた場合、ネズミの駆除方法を検討すると思います。

私は以前こちらの「ネズミの駆除で毒餌や罠での捕獲をおすすめしないたった一つの理由」で書いたように殺鼠剤や粘着シートなどでの居住区域内での捕獲や殺処分はおすすめしません。

その場合、選択肢として「ネズミ駆除専門業者への駆除依頼」「超音波式ネズミ撃退器」が候補に上がりますが、業者は高額になるため選択肢から外れる人も多いと思います。

一方で、超音波式のネズミ撃退装置はネットでの評価が割れていて、効果に疑問を持っている人も少なくありません。

それもそのはず、超音波のような専門的な用語で効果が目に見えるわけでもなく、「設置すればネズミが逃げていきますよ!」と言われても半信半疑になるのも無理はありません。

疑問 超音波

人は良くわからないものに関しては慎重になるものです。誰でも安物買いの銭失いになるのは嫌ですし、「超音波は効果が無い」という意見を見かけたら不安になって当然です。

今回は、超音波式のネズミ撃退装置が効果的であると考える理由と、ネズミ撃退装置に対して評価が分かれている原因について考察し解説していきます。

超音波はネズミ退治に効果があるのか?

周波数

まず、一番確実なのは自分が試してみて効果を実証することですが、当然皆さん「自分で購入する前に効果があるのかを知りたい」わけですので、専門家や利用者の意見を聞いて判断するしかありません。

またこのように解説している私が効果をお伝えしても本当かどうか疑わしいと思うので、あくまで第3者の公正な意見が必要です。意見の発信者は誰なのかをしっかりと見極める必要があります。

「超音波は効果が無いというお客さんが多い」という発言をしているのは、ネズミ駆除専門業者さんではありませんか? そうであれば、それは第三者の意見ではなくライバル業者の意見という事になるので信ぴょう性はあまり高くないように思います。

そのため、今回は「音響の専門家によるネズミの超音波に関する研究論文」に絞って、超音波はネズミに対して効果があるのかという点について考察したいと思います。

【はじめに】音に関する予備知識

まず最初に音に関して予備知識として入れておいた方が分かりやすいので簡単に説明します。

  • ヘルツ(Hz)・キロヘルツ(kHz)は、音の周波数の単位(音の高さや低さ)
  • デシベル(dB)は、音の音圧レベルの単位(音の大きさ)
  • 超音波の定義は「20kHzを超える人間に聞こえない音」
    ※人間の限界可聴域は23kHzと言われている(これ以上はどう頑張っても聞こえない)
  • 普段の会話で60dB位、電車が通過する時のガード下で100dB位、落雷や飛行機のエンジン音が130dB

超音波は不思議な音なわけではなくって、人間に聞こえない超高周波数の音ってことなんだね!

聞くことを目的としない音も超音波と言えるが、今回は超音波はシンプルに「人間には聞こえない音」という事で話を進めていくぞい!

1.日本音響学会より音の専門家の回答

まず最初に、当サイトの管理人も日本音響学会に論文を提出した経験があり、大学の卒論も音響学をテーマに人間の声の周波数分析を行っていたので、一般の方よりは周波数や聴覚の仕組みには詳しいです。

自分の経験から日本音響学会のHPを調べてみると、超音波によるネズミ撃退効果についてのQ&Aがありました。ここでご回答されているのは都立産業技術研究所の研究員さんのようです。>日本音響学会 音の何でもコーナー Q147 「超音波でねずみを撃退する商品があると聞きました。どのようなものなので しょうか?」

ここでの質問と回答を要点のみまとめると下記の通りになります。


超音波でネズミを撃退する商品があると聞きました。どのようなものなのでしょうか?

【回答は以下の通り】

  • ネズミには超音波領域の聴力があり100dBの音圧レベルに対し,0.2kHz~68kHz付近までの可聴範囲があり,20~50kHz帯がもっとも聴力が良い
  • ネズミはかなり複雑な超音波を発生し,色々な形で使い分けていることがわかっている。ネズミの発する超音波信号の意味を解明しようとする試みによると,頻発する超音波の周波数は成獣で25kHz前後,幼獣で40kHz前後にある。
  • 実験的に超音波をネズミに照射すると,騒音に耐えるがごとく明らかに身構えている様子が見られたが,蜘蛛の子を散らすように逃げていく行動は見られなかった。
  • 超音波ネズミ撃退器の設置に当たっては,ネズミのエサになるようなものを置かない,複数台を配置する,といったソフト面も含めて検討する必要がある

ここの回答でわかった事を簡潔にまとめると、

  1. ネズミはかなり広範囲の超音波を聞き取る能力がある
  2. ネズミは普段からコミュニケーションに超音波(25~40kHz)を使っている
  3. ネズミの聞きやすい超音波周波数は20~50kHzである
  4. 騒音に対して身構えるが、すぐに逃げ出すわけではない
  5. 超音波ネズミ撃退器の設置は、複数台配置するべきである

といえるでしょう。

ある程度の大きさの音を近距離複数台を用いて様々な角度から浴びせることで、かなりのストレスを与えることが出来る可能性があるという意見でした。


人間には聞こえない超音波はネズミにはちゃんと聞こえていて騒音として効果を発揮するんだね!

ただし、実際にどの程度の音の大きさと距離感で使えば本当に家からいなくなるのかまではわからんのう

2.実際に超音波がネズミの聴覚にどのような影響を与えるか調べた実験

実際に超音波をネズミに放射してどのような影響があるかを調べた研究があります。
強力空中超音波がネズミの聴覚に及ぼす影響について 大塚ら

この研究は、増加するネズミ被害を食い止める方法として超音波が有効であるかを調べたもので、論文内で引用されている数値にも興味深いものがありました。この論文を要約すると以下のようになります。

  1. 20kHzと28kHzの2種類を140dBで照射すると、ネズミの耳や行動に顕著な変化があった
  2. 超音波の忌避実験では、翌日に餌の摂取量が減って明らかに避けている様子が見られた
  3. 超音場を放射した瞬間、耳を閉じその場から動けなくなるネズミが多く見られた
  4. (引用より)95dB以上で超音波の影響を感じはじめ、150dB以上で死ぬ個体もみられた

超音波を当てることで耳を閉じて動けなくなったり、耳を掻きむしったり、餌を食べなくなったりする個体が増え、超音波を避ける行動も見られたことから明らかにストレスを感じていると結論付けられています。

ただし、ここでもある程度の音量が必要であることと、数日経つと超音波に慣れる(超音波の放射の有無に限らず同じようにえさを食べる量が減る)様子が見られたので、大きな音で断続的に周波数を変化させて複数台で放射するなどをするとより効果的であると推測されます。


効果はあるけど、慣れに対する対策が取られた超音波発生装置じゃなきゃダメだってことだね!

超音波発生装置に効果が無いのではなく、低性能のものだと効果が無いってことじゃな

どのような超音波式発生装置であれば効果があるのか?

sound

これまでの専門家の研究結果をまとめると、効果があると考えられる超音波発生装置は下記のようになります。

  • 音圧レベルが最低でも95~130dB程出ているもの
  • 周波数帯が25kHz~50kHzの範囲(20~23kHzでは聴こえる人もいる可能性有)
  • ネズミが慣れないように、超音波の放射が断続的、且つ周波数が変動するもの
  • 一台ではなく複数台で放射範囲をカバーする
  • 屋根裏などネズミの活動場所に設置できる電池タイプのもの

一方で、効果が薄いと考えられる超音波発生装置は、

  • 音圧レベルが95dBより小さい
  • 周波数帯が20kHz未満のもの(若い人は聞き取れる可能性がある)
  • 超音波が放射しっぱなし、周波数も変化がなく一定のもの
  • コンセントに差し込む様な室内しか設置できないもの(屋根裏などに届かない)

若い人ほど高周波数の音は聞き取れる可能性が高く、家に小さいお子さんがいる場合は最低でも25kHzはないと体に不調をきたしてしまう恐れがあります。

20kHzがどの様な音なのか、実際に聞こえるのかどうかを試してみたい方は、こちらのサイトで21.5kHzまでの音を聞くことが出来ますので試してみてください。※ちなみに私は30台前半ですが、19,500Hz(19.5kHz)まで聞こえました。

また、ネズミが営巣しているエリアに直接設置し、近距離で複数台によって超音波を放射する必要があるので、室内のコンセントなどに差し込むだけのようなタイプでは効果が不十分である可能性が高いです。

実際に効果があるかリスクを全く負わずに試すことが出来る!オススメの超音波式ネズミ撃退器

ここまで見てきた専門家の意見から、超音波式のネズミ撃退器は一定の基準を満たせば効果的であるということが分かりました。

しかし、ここから先は実際に試してみるしかないのですが、前述の基準を満たす商品のなかで購入のリスクをほとんど追わずに効果を試すことが出来る超音波式のネズミ撃退器があります。それは、イヌヤ株式会社の「ネズミガード」という商品です。

ネズミガード

何故リスクをほとんど追わずに試すことが出来るかというと、安心保障パックの5大特典がついて来るのです。

その5大特典は下記の通り。

  1. 安心の全額返金保証:効果に満足いかなかったら全額返金
  2. 全額キャッシュバック制度:毎月限定5名商品代金をキャッシュバックしてくれる
  3. 安心365日プラン:1年以内なら故障しても新品と交換してくれる
  4. 30日間メール相談サポート:機器の設置方法や駆除対策など何でも相談に乗ってくれる
  5. 全国送料無料・代引き手数料無料

効果に納得いかなかったら返金してくれるなら、とりあえず試してみることはできるね!

ネズミの死骸処理をしたくなくて、業者に依頼して高額な施工費を払うのが難しい人は、一度試してみると良いかもしれんのう

ネズミガードの音圧レベルは平均130dB

超音波式のネズミ駆除装置の効果は、専門家に言わせると「周波数は25kHz程度で、音の大きさは95~130dBは必要140dBで異変をきたすネズミが現れ、150dBでは死ぬ個体も出た」とのことでした。

ネズミガードについては周波数は25~26kHzとありますが、音圧レベルについては記載されていなかったので、販売元に下記の2点について問い合わせてみると下記のような返答が返ってきました。

1.ネズミガードの音圧について


ネズミガードの音圧レベルはどの程度ありますか?

音圧レベルは平均130dBです

2.ネズミガードの周波数帯が25KHz~26KHzとありますが、この範囲内での自動可変式という事でしょうか?


ネズミガードは周波数が自動可変式とありますが、具体的にどの範囲の周波数帯での変動なのでしょうか?

25KHz~26KHzの範囲内で平均的に出力されますが、20KHz前後も出力されることもあります。毎4秒ごとに自動可変式で超音波が出る仕組みとなっております

これらの回答から、ネズミガードの効果は音響の専門家が動物実験で超音波がネズミに影響を及ぼすとされる「自動可変式の周波数変動」と「必要な音圧レベル」の基準をしっかり満たしていることがわかりますね!

なぜネズミガードがおすすめなのかのより詳しい解説は「安く簡単に自分でネズミ駆除をしたい人は「ネズミガード」がおすすめ!」の記事をご覧ください。

また、販売元の公式HPはこちらになります →「ネズミガード公式ホームページ

まとめ

超音波によるネズミ撃退効果は、機器の性能や設置方法などに効果が左右されるという事が分かってきました。

屋根裏を走り回るネズミは単なる騒音の被害だけではなく、悪臭や寄生虫や感染症の原因になることがあり、放置すると被害がどんどん拡大していく厄介な害獣です。

【関連記事】>>>天井裏でネズミの音?家に出るネズミの種類と被害について徹底解説!

我が家にも幼児がおりますが、特に家に小さいお子さんがいるお家などでは、衛生面や健康面での不安が大きいと思います。

その点で超音波式のネズミ撃退装置は安心して使用することが出来るのではないでしょうか。