中古農機具LINE査定の注意点と懸念点とは?

LINE査定の注意点

農機具の買取を考えている方の中には「LINE査定」という言葉を聞いたことがある人がいるかもしれません。

ブランド物のバッグやジュエリーなどのように、農機具もLINEで簡単に買取査定が出来てしまうんです。

※農機具のLINE査定の方法は下記の別記事を参考にしてください。

あわせて読みたい >>> 農機具のLINE査定の方法と流れを解説!

出張査定に比べて、簡単に査定額を知ることが出来る「LINE査定」ですが、利用時にはいくつか注意しておきたい点があります。

今回は、中古農機具の買取額をLINEで査定してもらうときの注意点・懸念点について解説いたします。


LINEで査定してもらうときの注意点なんてあるの?

簡便さは申し分ないが、やはりいくつか注意しておきたい点があるぞい

LINE査定の注意点・懸念点

1・実際の買取金額と異なる場合がある

査定額

LINE査定の注意点として最も大切なのは、LINE査定で出される見積はあくまで概算であって、実際の訪問見積もりで金額が変更になる可能性があるという点です。

LINEで送った情報をもとに業者が査定して「概算」を出してくれますが、当日査定に来たときに写真に写っていないキズや汚れ、動作不良の個所などを指摘され、元々提示されていた価格よりも安くなる可能性があります。

また、実際に見てもらう前にLINEでやり取りをして概算を出してもらったうえで、出張見積もりをお願いすることになるので、業者としても買取依頼者はLINEでの査定額にある程度納得していると判断するため、元々の査定額よりも出張見積もりでの査定額が高くなるという事はあまり考えられません。

買い取り額を少しでも高くしたい場合は、LINEでの事前査定を行わずに複数社に出張見積もりを依頼した方が、業者の見積もりがどの程度になるのか比較しやすいでしょう。

2.写真写りによって査定額が変動しやすい

価格変動

LINEでの査定は、業者は買取依頼者が撮影した写真や付随した情報をもとに査定額を出します。

もし買取依頼者が撮影した写真があまり質の高くない物であった場合、LINEでの査定額が思っているよりも低く出てしまったり、逆にすごく高値の査定額が提示されたのにもかかわらず、実際に見た時に写真では見つからなかったキズなどがあり査定額が下がる、なんてこともあり得ます。

前の項目の、LINEでの査定額と実際に見た時の査定額に変動が出やすいというのは、このLINEで送る写真うつりの良し悪しが関わってくることが多いのです。

実際はとても大事に扱っていて、まだまだしっかり働いてくれる農機なのに、LINEで送った写真がイマイチだったために、査定額が下がってしまっては嫌ですよね。

農家さんはプロのカメラマンではありません。

以上の点からも、LINEでの査定額はあくまで「概算」として捉えておくことが必要でしょう。

3.高齢者は利用しにくい

スマホが分からない

書くまでもなく当然のことですが、LINE査定はLINEを普段から扱っていない人、特に高齢者には利用しにくいサービスと言えるでしょう。

中古農機具を売りたい人には、高齢化による離農者が多く含まれているので、中古農機具の買取依頼者は60代後半~70代が多いのが現状です。

前項の「写真の良し悪し」以前に、LINE自体どのようにして扱ったらいいのかわからない人も多いでしょう。

もちろんLINE査定以外にも電話、FAX、ネット査定等様々な方法がありますので、「LINE査定」と聞いてすぐに理解できない方は、通常の電話やネットでの査定がおすすめです。

4.簡便さが売りでも、買い取り実績は大丈夫?

価格の比較

中古農機はブランド物のバッグと違い、稼働年数での再販の可否(製造から15年以上経過した農機は国内での再販不可)などの特殊な決まりから、業者によって買い取りが可能かどうか差が大きいのが特徴です。

LINE査定を行っている業者が、海外にも販路を持っている場合は、故障した農機や製造から15年以上経った農機、またパーツ単位での買取が可能であることも多いのですが、そうでない場合は「故障した農機は処分費用が掛かる可能性」もあります。

もしお持ちの農機が、製造から15年以上経過している場合や故障して動かない場合は、しっかりと業者の買取実績と買取基準などを確認するようにしましょう。

当サイトでおすすめしている農機具買取業者は、いずれもLINE査定は行っておりませんが、故障した農機も買取を行っているなどの点から、古い農機をお持ちの方や故障して動かなくなった農機の買取を考えている方にはお勧めです。

まとめ

今回は、中古農機具の買取査定がスマホ1つで行える「LINE査定」の注意点と懸念点について解説いたしました。

LINE査定は、LINEでのやり取りだけで買取希望の農機の大まかな査定額が分かるという簡便性がメリットとしてある一方で、「査定額が写真によって左右される可能性がある」「あくまでも概算で実際の買取価格とは差が生じるか可能性がある」というのがデメリットです。

あくまでも概算で良いから査定額を知りたいという方にとっては、スマホ1つで行えるLINE査定は大きなメリットがあると言えるでしょう。

今回挙げた注意点などをよく理解してご利用することで、お持ちの中古農機具の価値を再確認して、実際の買取に進むことが出来ると思います。

売り時を逃さずに、しっかりと高値で買い取ってもらうようにしましょう!

【あわせて読みたい関連記事はこちら】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

茨城 牛久大仏

茨城県の農機具買取り情報とおすすめの業者を紹介!

すす病

すす病|おすすめの殺菌剤・薬剤・無農薬でできる対策まとめ

アライグマ

屋根裏に棲み付いた動物はアライグマかも?生態・特徴・生息地は?

カイガラムシ

農薬や殺虫剤の効きにくい「カイガラムシ」の駆除方法と対策まとめ

マルチング

マルチングの目的と効果を解説!|材料別のメリットとデメリットは?

口コミ

ハイガー産業って評判はどうなの?除雪機の口コミをみてみよう!