京都の農機具買取り情報とおすすめの業者を紹介!

京都

京都府の農地は現在3万1千ヘクタールで、ピーク時(約5万7千ヘクタール)から年々減少を続けています。

京都の農業の中心は稲作で、農耕地のおよそ8割を水田が占め、そのうちの6割ほどでお米を作り、それ以外では豆や野菜などを育てているのが特徴です。

そんな京都府の農業実態に合わせて京都府で中古農機具を買い取ってもらう場合のおすすめの買取業者をご紹介します。

京都府の農業実態

京都

地域ごとに特色のある農業

京都府は、丹後、中丹、南丹、京都市、山城の各地域ごとに特色のある農業を行っているのが特徴です。

京都府の日本海側の「丹後・中丹エリア」では、圃場整備がはやくから行われた影響で農業機械を使っての稲作が盛んなエリアです。丹後コシヒカリは全国的にも有名ですね。

「南丹エリア」も、稲作が盛んでキヌヒカリも評価の高いお米です。京都市に近いこともあり、兼業農家さんの多いエリアでもあります。

ほ場整備を行って農業機械の導入が多い

京都府では、中丹をはじめとして、いびつな形の水田を四角く整備する「ほ場整備」が40年前から行われている関係で農業機械の導入が早く、稲作がどんどん盛んになってきました。

現在では、お米の生産高が多すぎて余っているために、水田の一部でマメや野菜を育てている農家が多いのですが、いずれにしても農業機械が作業しやすい環境になっているがゆえに農業機械の普及率も高いのが京都府の農業の特徴です。

その分、農業従事者が減少すると農機を売りたい人も多くいるという事になります。京都府で農機具を売りたい人は他県よりも多くいることが予想されますね。

高齢化により農業人口の減少が進んでいる

京都 農林業就業人口

※引用:農林業センサス -京都府

他の都道府県同様に、農業人口の減少は顕著です。

5年ごとに農林業の状況を調査している「農林業センサス」によると、平成27年度の京都府の農業経営体数は18,016経営体で、5年前の平成22年度に比べて17%ほど減少しています。

その主な原因は高齢化です。

京都 年齢別増減

年齢別の農業従事者数の増減をみると、70~79歳で過去10年間で継続して大きく減少しているのが分かります。この年代の人たちが離農し、それまでに大切に使っていた農機具をどのようにして次に生かすかを悩んでいる人が多いのが現状です。

この方々が今までに使っていた大事な農機を少しでも高く買い取ってもらい、お金が無くても新規で就農したいという若者のもとに渡るように、しっかりとした農機具買取専門業者に査定をしてもらう必要があります。

京都府で農機具の買取を行っているおすすめの専門業者

稲穂

京都府は、日本全国でも有数の大きな都市であり、地元に根差した中古農機具買取専門業者も少なくありません。

しかし、前述した通り、京都府の農業機械の普及率は高く、地元の業者という理由だけで買取業者を選んでしまっては、査定額を低く見積もられ買いたたかれてしまう可能性も少なくありません。例え支店や本店が京都府内に無くとも、高値で買い取ってくれる中古農機具買取専門業者も数多くあります。

以前こちらの「故障した農機具も高値買取の可能性大!中古農機具が人気の理由」の記事でも書きましたが、故障していても買い取ってくれる業者は海外に強い販売ルートを持っており、人気の日本製のトラクターやコンバインなどは稼働年数や故障の有無にかかわらず高値で買い取ってくれるのです。

農機具の普及率の高い京都府では、会社の所在地ではなくより高値で買い取ってくれる専門業者をしっかりと選ぶことが重要です。

そのため、買取業者の選定は、

  • 買取実績の豊富さ
  • 故障して動かない農機の買取の可否
  • 製造年月が15年以上たった農機の買取の可否
  • パーツ単位での買取の可否
  • 買取相場の公開の有無

など、各業者の特徴と自身の売りたい農機具買取状況を照らし合わせて選ぶのが良いでしょう。

当サイトで一番おすすめしているのが「農機具高く売れるドットコム」です。

農機具高く売れるドットコム

農機具高く売れるドットコムは、京都府内に事業所はありませんが、大阪府吹田市にある「大阪リユースセンター」から京都府内への出張買取査定を行っております。

年中無休で電話での買取査定を行っており、査定額を聞いて納得してから出張買取をお願いすることが出来るので、売りたい農機具がある方は一度電話をしてみると良いでしょう。

また、農機具高く売れるドットコムは、農機の買取実績・買取相場を価格込みで公表している数少ない業者です。

買取価格の相場や過去の買取実績を価格付きで公表しているのは、農機具高く売れるドットコム以外にあと1社くらいしか知りません。

よほど買取価格に自信がないと、買取実績の公表はできることではないので、複数社見積もり依頼を出す場合には、農機具高く売れるドットコムも含めて依頼すると良いでしょう。

以上の点から総合的に見て、最もおすすめの中古農機具買取業者です。

是非、こちらの簡単無料買取査定でお持ちの農機具の価格を査定してもらってみてはいかがでしょうか?

農機具高く売れるドットコムで無料査定をしてみる!

まとめ

今回は、京都府の農業実態と中古農機具を買い取りする場合におすすめの業者をご紹介しました。

京都府のように、ほ場の整備などによって効率的に機械化された農業を行っている地域では、他県に比べて農業機械の普及率も高く、地元での買取にこだわると同様に農機具を売りたい人が多いため、買取業者はあえて高値をつけなくても買い取れるという現状があります。

買取価格で損をしないためにも、京都府の方は地元の農機具買取業者にこだわらずに、幅広く業者を選定する必要があります。

実は、京都府に限らず地元の農機具販売業者に農機具を売らない方が良い理由がいくつかあります。こちらの「【農機具高値買取のコツ】地元の農機具店に売らない方が良いワケとは?」の記事もあわせてご覧いただければと思います。

もし、既に使わなくなって倉庫に眠っている農機がある場合は、是非一度出張無料査定を行ってみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した農機具高く売れるドットコム以外にも、いくつかおすすめの業者をご紹介していますので「中古の農機具を売りたい!おすすめの農機具買取専門サイトtop5」の記事もあわせてご覧ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋田 なまはげ

秋田県の農機具買取り情報とおすすめの業者を紹介!

ガーデニング初心者によくある失敗例から見る土作りのポイントとは?

ラウンドアップに毒性・発がん性?各国・各研究機関の見解まとめ

パーライト

パーライトとはどんな土?土壌改良効果と使い方を徹底解説!

岩手県の農機具買取り情報とおすすめの業者を紹介!

草が生えないようにしたい!おすすめの防草シートと敷き方