アデニウムオベスムを種から育てる方法【種の購入~種まき~発芽】

アデニウムオベスム

塊根植物の中でも人気のあるアデニウム属の中で、「砂漠のバラ」と呼ばれるアデニウム・オベスム(Adenium Obesum)を種から育てています。

種から育てることを「実生」といいますが、アデニウム・オベスムは花が咲くまで約5年かかると言われており、通常の観葉植物に比べて生長が遅いのが特徴です。

田舎暮らしの中で、私の数少ない趣味のひとつ「コーデックス」の生育記録としてまとめていきたいと思います。


砂漠のバラ!どんな芽が出るんだろう!

ぷっくりとした多肉植物らしい芽が出ると、とってもかわいいぞい!

アデニウムオベスムの種はどこで購入できる?

アデニウムオベスム

まずはアデニウムオベスムの種を購入しましょう!

上の写真のように、生木のような色合いで乾燥しているので、届いた直後はここから本当に芽が出てくるのか疑わしかったです。

購入したのは「多肉植物ワールド」です。

Yahoo!ショッピングでの購入になるので、購入しやすく安心して選ぶことができます。

多肉植物ワールドでは、個別の品種のみならず、数パターンのアデニウムオベスムの種子ミックスが販売されているので、どんな花が咲くのかを楽しみにしながら育てることもできます。

また、英語に抵抗がない方であればeBayで購入することもできます。

eBayでの購入方法については、以前私がパキラの種を購入した時の手順を以下の関連記事に記載しているので参考にしてみてください。

アデニウムオベスムの種子の価格は?

多肉植物ワールド

アデニウムオベスムの種子が、どの程度の価格で販売されているのかを、先ほど紹介した「多肉植物ワールド」での販売価格を参考にしてみると、

在庫切れの品種も含めて最安値が500円最も高くて850円でした(いずれも10粒入り)


思ったより安いね!

特定の品種以外にも、様々な品種からランダムに抽出した商品もあるから特に好みの品種が無ければMIXされた商品を購入するのも良いかもしれんのう!

アデニウムオベスムの種を発芽させる方法

鉢

私はアデニウムオベスムの種子ミックス10粒入りを2セット購入し、発芽率を比較するためにいくつか別々の方法で種をまきました。

そのパターンは以下の4つです。

発芽率の比較

①日向土&あく抜きベラボン=1:1の土に、そのまま播種
②日向土&あく抜きベラボン=1:1の土に、メネデール液に6時間浸してから播種
③ピートモスに、そのまま播種
④ピートモスに、メネデール液に6時間浸してから播種

※メネデール液は100倍に希釈


なんでこの4パターンにしたの?

日向土とあく抜きベラボンを1:1で混ぜるという方法は、芽が出た後にもそのまま植え替えせずに育てられて良いなと思ったからじゃ。ピートモスは湿度を保つのに効果的でよくやる手法だからじゃな。

メネデールの希釈液に浸したものと浸さないものも比べてるんだね!

色々調べてみると発芽率が良くなるとされていたので試してみたぞい

種まき用のピートバンを使って発芽させている方もいらっしゃったので、それを使うのも1つの方法でしょう。

コーデックスの種子の発芽率を上げるとされている方法にはいくつかあります。

その中でも

  • 播種前に冷蔵庫で10日~2週間程冷蔵保存する
  • メネデール希釈液に数時間~半日ほど浸す

という2点をよく見かけたので、前述の4パターンに加えて冷蔵保存後の種子とそうでない種子の発芽率も比べてみました。(※冷蔵保存の有無別の発芽率に関しては、同一販売元の別種「アデニウムソマレンセ」で比較検討しています)

結果は下記の通りです。

①日向土&ベラボン・普通播種     →発芽率80%
②日向土&ベラボン・メネデール6時間  →発芽率100%
③ピートモス・普通播種        →発芽率60%
④ピートモス・メネデール6時間     →発芽率80%


若干メネデールに付けた方が発芽率がいいね

じゃが、この程度なら誤差の範囲(どの種を選んだかにもよる)から一概には言えんのう。それよりも発芽までの経過を観察していてわかった事が一つあったんじゃよ!

発芽させるには適度な湿度を保つために「ふた」が必要!

発芽

それぞれのトレイに種をまいた後に、実はしばらく10日ほど発芽が観測されずに悩んでいました。

ネットで調べてみると4日ほどで発芽しているケースを多く見ていたので、流石に10日も変化がないのはおかしいと思いはじめたのです。

朝晩しっかり霧吹きで表面が湿る程度に水をあげていたのですが、一向に発芽する様子もなく、土を軽く掘り起こしてみても植えたままの姿の種が出てくるだけで何の変化もありませんでした。

ただ、掘り起こした時に出てきた種が「ぱっさぱさに乾いている」ことに気が付きました。

そこで、水やりの頻度はそのままに、穴をあけたラップで通気性に注意をして蓋をすると、そこから3日後に発芽が観測できました。


発芽には「温度」「湿度」が必要っていうもんね!きっと、思っていたよりも乾燥していたんだね!

確かに、その時の温室内の温湿度計では湿度30~40%程度じゃったからのう。

ここ東北の春はまだ朝晩は冷え込むので、自作の温室内でヒーターを使って温度を管理していましたが、湿度については水やり以外にはあまり対策をしておらず、フタの重要性についてはあまり頭が及びませんでした。

自作の温室については下の記事で作り方を解説していますので宜しければご覧ください。

種を植えるための容器(鉢)はどんなのがいいの?

卵のパック

種を購入すると3~10個など複数入っていることがほとんどなので、1つの鉢に撒くか小分けになっている種まき用のケースに撒くか悩むかもしれません。

ただ発芽してある程度の大きさになれば、ほとんどの場合で育成用の鉢に植え替えると思うので、私は発芽するまでの容器は結構何でもいいと思っています。

私は上の写真のように卵のパックを再利用して種まき用トレイとしました。

しっかりと発芽してくれたので問題はありませんでしたが、デメリットとしては

・底穴をあける手間がかかる
・受け皿&蓋がない
・深さが無いのである程度早い段階で植え替えが必要
・強度が無いので持ち運ぶ際に落としてしまいやすい

などが挙げられます。

実際、温室からの出し入れで一度落としてしまったので、しっかりとした強度と深さのある種まき用トレイを購入しておく方が無難ですね。

蓋も無いのでラップに穴をあけて代用しましたが、やはり蒸れやすいのでカビの温床になる可能性がありますので注意しましょう。

アデニウムオベスムの発芽方法まとめ

私が趣味で育てているコーデックスですが、いくつか種を購入してもしっかりと発芽してくれるのはその中の8割程度、そこからまたしっかりとした株に育つまでにいくつか枯れさせてしまう事も少なくありませんでした。

色々試していく中で、安定して発芽してくれる方法が見つかってくるので試行錯誤が必要ですが、少しでも大切な種が無駄にならないように、私の失敗が参考になると嬉しいです。

最後に、私が思うアデニウムの発芽率を高める方法をまとめますと、

・発芽には温度(20℃~30℃)湿度(土の表面が湿っている状態で蓋をする)が必要
・種まき用の土は、サボテンの土・多肉植物の土・ピートモス・日向土&ベラボンのどれでも大丈夫
・種まき用のトレイはできれば蓋つきで作りのしっかりとしたものを選ぶと良いが、卵のパックでもできなくはない
・種をまく前にメネデール希釈液に数時間浸すと発芽率が少し良い(ような気がする)

あくまで私の少ない体験談からの方法なので、100%ではないですが参考になれば幸いです。

是非、塊根植物の人気種「アデニウム・オベスム」を種から育ててみることにチャレンジしてみてはいかがでしょう?